2024年4月17日、《西神奈川ダイビング事業者安全協議会(NDOSA)》により、小田原城のお堀の水中清掃が実施されました。PADI登録店では《小田原ダイビングスクール》《だいびんぐしょっぷ海家》《ラ・ボンバ神奈川》《ラウト》《城ヶ島ダイビングセンター》ラグナ》《ダイビングショップ トリトン》、が参加しました。

ボランティアダイバーによる小田原城のお堀の清掃の参加人数はダイバー22名、陸上ボランティア5名の計27名です。

当日は天候に恵まれ、桜も少し残っていて、お城の景色も含めて気持ちの良い一日でした。今回の清掃エリアは二の丸広場から道路に出る「学橋(まなびばし)」の近くで行いました。

およそ1時間の清掃で、ゴミは主にビンが多く、まれにバナーのポールや工事の足場の様な珍しい物もありましたが、花見シーズンの後の清掃ですが、例年参加している方曰く、「ゴミが少ない」印象だったそうです。ゴミが少ない事は良い事ですし、皆さん喜んでいました。

清掃中はお散歩に来た保育園の子供たちに癒されたりしますが、通り過ぎる方達が我々の清掃に対し、頻繁に感謝の言葉をかけてくれました。来年以降も継続的に清掃を行なっていく予定です。


水中のゴミを回収するためのスキルや知識を深めたい方には、PADI AWAREのスペシャルティコース「ダイブ・アゲインスト・デブリ」を受講することをお勧めします!是非自ら行動を起こして自然を

Share This

関連記事